忍者ブログ

気ままに更新してます.+*

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画マレフィセント感想
今日、ずっと気になっていたマレフィセントを見てきました!
ネタバレになってしまうので、感想は追記にしますね!


拍手[0回]



※以下は映画のネタバレを含みますのでご注意ください。


映画の予告の時から見たいと思っていたマレフィセント、やっと見れて幸せです!////

広告に誰も知らない「眠れる森の美女」というフレーズの通り、眠れる森の美女とは視点もお話も違う映画でしたね。

映画を観てて思ったのは、まず映像とファンタジーの世界観がとにかく綺麗!ファンタジー好きにはたまらないですね!//// 変な生物がいたり、光る妖精(?)が綺麗だったり…
オーロラ姫が色彩豊かな枯れ葉から出てくるところも、細かいところまで配色が綺麗!///
マレフィセントが翼で自由に空を飛び回るところも、スピード感があって一緒に飛んでいるような気分で気持ちよく観れました…!
また、戦うシーンが何回かありましたが、どこもかっこよくってもう一回見直したいと思うような場面でした!////

そして肝心の物語。眠れる森の美女を小さいころから何度も観てきたので、ところどころ「あ!このシーンがこうなってる!そうだったのかー!」と思いながら観てました。でも、眠れる森の美女を見ていなくても十分わかるストーリーで楽しめると思います。た、多分。←
マレフィセントの視点からの物語で、マレフィセント自体があまり感情を言葉にしたりしないキャラクターですが、アンジェリーナ・ジョリーの演技がとても良くて、表情から気持ちがあふれていました。序盤から、もうマレフィセントが可哀想で可哀想で…>//<;
悪役なのに悲劇のヒロインでしたね…もう大好きですマレフィセント;///;

そんな中、心の癒しになってくれたオーロラ姫。可愛いです。ただただ可愛いです。←
マレフィセントがオーロラ姫を見守っているとき、昔の幼いころの自分と重ね合わせて見ていたんじゃないかと思ってました。だからこそ、怒りで我を忘れていたマレフィセントの中にわずかに残った優しい心が元に戻ってきたんじゃないかなあと…。
そして揺れ動くマレフィセントを隣でずっと支えてきたディアヴァル。いいキャラしてます。
マレフィセントにとってはディアヴァルの存在も大きかっただろうなあ…うん。

とにかく、マレフィセントのことを思うと苦しくなったり切なくなったり、はたまたオーロラ姫やちょっとした笑いどころにほっとさせられたり、最後の方は綺麗な物語の幕引きに感動させられたりと、とてもいい映画でした!

まだまだ書きたい良いシーンはたくさんありますが、
1つ1つ語り出すときりがないので、今回はこの辺で!

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!
PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
プロフィール
HN:
紅木春
性別:
女性
my bookmark
Copyright ©  -- Camellia*garden --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]